浜松市の姫街道にあるコーヒー豆屋(くらや珈琲店)店主の日常です。
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< パプアニューギニア | main | 色んな出会いかたがありますね >>
挽きたては美味しい
 
コーヒーを飲むには、豆→粉にしなければいけません。
   
 
粉で購入すれば、挽く手間を省けますが、香りや鮮度を意識すれば、飲む時に挽きたくなります。
 
 
 
 
豆→粉 にする道具を「ミル」と言います。
 
 
 
「ミル」のタイプは、手動や、電動のものがあります。
 
  手動・・・少量向けで、挽く楽しみを味わえる
 
  電動・・・多量向けで、楽に挽くとこができる
 
  
 
挽き方の原理は、カット式とひき臼式があります。
 
  カット式・・・エスプレッソなどの、細挽きに向いている
 
  ひき臼式・・・均等に挽く事ができる
 
 
 
通常レギュラーコーヒーを毎日飲むには、電動のひき臼式が合っています。
 
 
 
一番のオススメは、「みるっこDX」という家庭用として、もっとも優れたミルです!
 
 

能力も最高なのですが、インテリアや存在感も最高です!
 
 
 
 
 
サイズ    165×240×360
重量     5kg
粉砕能力   250g/分
ホッパー容量 200g
販売価格   31,980円 (定価 42,500円)
カラー    赤/黒
 
 
珈琲マニア、珈琲通、飲食店関係の方には、特にたまらない一品です!
 

 
Dx

 
 

当店でも使用していますので、魅力を堪能して下さい[E:cafe] 
 
 
Photo
スポンサーサイト
やっぱこれだよねぇ。 僕も人前でコーヒー出せるようになったら欲しいです。 SLの形のを見たことあるけど、あれは限定なのかなぁ?
珈琲野郎 | 2010/02/20 18:13
> 珈琲野郎様      あれは、カリタのナイスカットミルですね。   50周年で500個限定   定価 105,000円 現物は見た事ないです。   もし、買う事があったら見せて下さい!
くらや珈琲店 | 2010/02/20 18:26
COMMENT