浜松市の姫街道にあるコーヒー豆屋(くらや珈琲店)店主の日常です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 牛舎 | main | twitter / ツイッター >>
「いのちの食べ方」
 
 
先日牛舎で牛を見ました。
 
 
その前の日に「いのちの食べ方」を見ました。
 
 
 
 
人間が行きていくために食料とする、肉や魚や野菜など食材が
 
 
どのように生産され、加工されていくのか。
 
 
実際に生きている状態から部位になるまでが映し出されています。
 
 
専門教材のような生々しく。
 
 
 
 
 
牛や豚や鶏などの動物が映し出されると、虫や魚や野菜達には抱かない感情が出てきます。
 
 
(犬やネコはもっと違う感情)
 
 
 
同じ生き物でも抱く感情が違う。人間の勝手なところ。
 
 
 
 
 
 
 
 
Photo
 
 
 
 
 
もし、動物と植物が同じ形だったらどんな感情を抱くかな[E:cafe]
 
 
スポンサーサイト
学生たちが、ヒヨコを愛情込め大切に育て立派な鶏にする。 そして、さばく。 そして、食す。 という番組を観たことがあります。 大粒の涙を流しながら包丁を手に取る姿はキツかった。 残酷ですが、これは、人類が生き延びていくための仕組みですね。 PS.私は番組の中間部分を観ることができませんでした。
華。 | 2010/04/14 14:59
僕は半年前に観ました。 「いただきます」の意味 「天地の恵みに感謝する」ことを考えさせられました。
珈琲野郎 | 2010/04/14 18:40
> 華。様   育て、さばく、食す。 なかなか出来る体験ではありませんね。   でも、目の当たりにすることも必要なのかもしれませんね。
くらや珈琲店 | 2010/04/14 18:57
昔見た海外ドラマ「アリーマイラブ」の1エピソードを思い出しました。 主人公の所属する弁護士事務所入った依頼。 それはとある夫妻に訴えられた、フランス料理店からのもの。 夫妻の訴えは、読めないフランス語メニューの中からオススメされたタルタルステーキ。 それには馬の肉が使用されていたことを食べてしまった後知ったのです。 夫妻は「馬だと知っていたら食べなかったのに!」 料理店は「美味しく食べてたじゃないか!」 平行線をたどる両者の対立に、事務所の出した結論は…。 きっと夫妻は"牛の肉"だったら美味しく食べれたのでしょう。 じゃあ、馬と牛の違いは何か? (ドラマのテーマの中心もそこにあるのですが) 動物は人間にとって、パートナーであり道具であり食物であり。 文化や価値観の違いといってはそれまでですが、 命を食べる(植物を含め)ということは、なかなか割り切れない問題ですね。
yayoi | 2010/04/15 14:23
> 珈琲野郎様   そういう意味があるのですね。   天地の恵に感謝ですね。
くらや珈琲店 | 2010/04/15 14:35
> yayoi様   牛と馬 文化の違いで日常に起こりそうな問題ですね。   生命がある限り起こりうる議論になりそうです。
くらや珈琲店 | 2010/04/15 23:36
COMMENT