浜松市の姫街道にあるコーヒー豆屋(くらや珈琲店)店主の日常です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新タマネギのピクルス 2011 | main | LSDで散策 >>
財布を落とした偶然から
 
 
今朝一本の電話から、こんなことがありました。
 
 
 
 
A  「くらやさんですか?」
 
 
 
私  「そうです。」
 
 
 
A  「Bさんってご存知ですか?」     (フルネーム)
 
 
 
私  「・・・?!」           (話の内容が唐突で、この時点ではまだ意味がわからず)
 
 
 
私  「!!  えぇ知っていますが…」  (Bさんは、お仕事で関わりのある方だったので知っていました)
 
 
 
A  「Bさんが財布を落とされたのですが、連絡先が分からないので、中に入っていた名刺「くらや珈琲店」へ連絡しているのですが」
 
 
 
私  「そういうことだったんですね!」
 
 
 
A  「財布の持ち主Bさんの連絡先を教えて下さい。」
 
 
 
私  「053−・・・です。」
 
 
 
 
 
 
 
 
ここまでは普通にありうる話でが、実はこのAさんと私に、関係があったので驚きました。
 
 
 

 
 
 
 
私  「!!?!!?!!?!!?」
 
 
 
私  「Aさんの友達でCさんっていらっしゃいますよね?!」
 
 
 
A  「いるよ。!?」
 
 
  
私  「私のおじにあたる人で、半年ほど前に一緒にAさんとこへ伺ったものです!」
 
 
 
A  「そうなんだ!!」
 
 
 
私  「なんだか不思議ですね!」
 
 
  
 
 
 
 
 
群馬生まれ群馬育ちのおじ(C)が浜松に友達がいるから、ということで
 
半年ほど前におじが浜松に遊びに来た際に、Aさんのところへ会いに行っていました。
 
その、AさんとCさんの顔合わせも何十年ぶりのことでした。
 
(このときにAさんに自分がくらや珈琲店だという話はしていませんでした)
 
 
 
 
 
 
Bさんの偶然財布を落としこと、
 
その中に名刺が入っていたこと、
 
それを拾った人がおじの友人だったこと、
 
その人に半年前に会っていたこと。
 
 
 
 
繋がりようのないことが繋がっていきました[E:cafe]
 
 
 

 
 
スポンサーサイト
3回読んで、やっと流れが理解できました。w それにしても、あまり無い『偶然の連鎖』ですね〜 偶然が重なる時ほど理由がある、と言いますし、 AさんとCさんが「何十年ぶりに再会した意味」が また後々、判かる事になるのかもしれませんね。 会話を言葉にするってホントに難しいですよネ! でも、かなり頻繁に blog を up されているので 尊敬しまス‥☆彡
なおぽん | 2011/02/18 12:23
そんな偶然ってホントにあるんですね!! ビックリ!!!
RUSSELUNO浜松 | 2011/02/18 17:07
> なおぽん様   初めて文章のみの内容だったので悪戦苦闘でした。   この続きがまたどこかで発生しているのかも。  
くらや珈琲店 | 2011/02/18 22:14
> RUSSELUNO浜松様   世の中こんなこともあるみたいです。  
くらや珈琲店 | 2011/02/18 22:14
すごい[E:flair]イッツア スモールワールドですね〜[E:note]こうゆうことがあると、人と人のつながりを感じられて嬉しくなります[E:notes] それにしてもすごすぎます[E:eye][E:flair]これが縁で結婚とかしたらテレビ出れそう[E:smile]
あやみー | 2011/02/19 03:41
> あやみー様   これがイッツ・ア・スモールワールドなのね。。。   テレビでたときは見てね。 
くらや珈琲店 | 2011/02/19 13:04
COMMENT