浜松市の姫街道にあるコーヒー豆屋(くらや珈琲店)店主の日常です。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 後藤周平 縮尺の建築展 @千寿酒造 | main | カフェ ビシクレッタ ロッソ >>
【新入荷】ゴールド トップ マンデリン
 
 
新入荷のマンデリンの紹介。
本日より販売しております。
 
 
 
 商品名 : インドネシア ゴールド トップ マンデリン
  地区 : スマトラ島リントン地区
  品種 : ティピカ種他
  標高 : 1600〜1650(m)
収穫時期 : 6月〜7月
特記事項 : 【天日乾燥】
      【地域限定】
焙煎度合 :  中煎り
 
 
 
宝石を散りばめたような光輝く多数の島々からなる南の楽園、インドネシア。
その島の一つスマトラ島の北部に位置するリントン地区の限定農園より完熟チェリーを手摘みしてお届けします。 
その名はスペシャルティコーヒー “ゴールド トップ マンデリン”。

完熟チェリーを手摘みし、細心の注意を払って精選された“ゴールド トップ マンデリン”は最終仕上げまでに、セミ・ウォッシュド加工を施し、天日乾燥後脱穀してグリーンビーンズにされ、さらにその後再び乾燥工程を経た後、2回のスクリーニングと4回のハンドピックを含めた選別が行われている “厳選された最高級コーヒー” です。
この機会に是非とも芳醇なコクと香りをお楽しみください。




<精選工程>

生産地の集荷業者は農民より直接赤く熟したコーヒーの実だけ買い付ける。
コーヒーの実はすぐに果肉除去されパーチメントが取り出される。その後、パーチメントは小さな水槽で水洗される。(パーチメントの表面のヌルヌルを綺麗に取るのが目的で約1-2分。)
水洗されたパーチメントは天日乾燥された後、メダン市の輸出業者に輸送される。
メダン市でパーチメントはさらに二日間天日乾燥され、コーヒー生豆(グリーンビーンズ)に脱穀される。このコーヒー豆はまだ水分含有が40%と高いので、その後、コーヒー豆は水分含量が12.5%になるまで、さらに天日乾燥される。
充分乾燥されたコーヒー豆は選別工程に入り、比重選別/風選/スクリーン選別によりシルバースキン、小さな豆、欠け豆、異物等が取り除かれ、さらに、手選別でGRADE-1の段階まで厳選される。
 
 
 
 
Photo



スポンサーサイト
COMMENT