浜松市の姫街道にあるコーヒー豆屋(くらや珈琲店)店主の日常です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2012/09/14 クラヤコーヒーの日常 | main | 2012/09/15 クラヤコーヒーの日常 >>
【新入荷】エチオピア イリガチャフ コチャレ地区 G-1
 
 
新入荷のエチオピア紹介。
 
 
 
●生産国:エチオピア 

●地域:イリガチャフ地域 コチャレ地区

●グレードG−1 

●スクリーン:14UP

●品種:在来種 

●標高:1,900mから2,000m

●精製工程:フルウォッシュ/天日乾燥 

●収穫:11月〜1月



KOCHERE地区は、10万人ほどの人口でエチオピア・イリガチャフ地方・南OROMIA地域に位置し、
標高1,900mから2,000mにて、高地栽培されています。
肥沃な赤色の土壌と典型的な高地性気候は、適度な降雨量がコーヒー栽培に、最適な条件となります。
収穫されたチェリーは伝統的な発酵、水洗工程後、一晩の浸水すすぎで仕上げられ、天日乾燥が行われます。
厳しい品質管理の元に精選されており、不純物や未熟豆も混ざらず高品質でも知られています。
ワインのような酸味に、甘い紅茶とフローラルな香り、G-1だからできる爽やかなくりーんな後味が特徴です。ウォッシュドモカのクリアなテイストをお楽しみ頂けます。
 
貴重なエチオピア最高ランクのG-1をお楽しみ下さい。
 
 
 
 
 
 
 
焙煎前の生の状態
 
選別をしてない状態ですが、欠点豆が少なく品質がとても良いです。
 
Photo
 
 
 
 
焙煎後(中煎り)
 
Photo_2
 
 
 
  
 
  
 


スポンサーサイト
COMMENT