浜松市の姫街道にあるコーヒー豆屋(くらや珈琲店)店主の日常です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2012/10/18 クラヤコーヒーの日常 | main | 2012/10/19 クラヤコーヒーの日常 >>
【新入荷】グアテマラ アンティグア サン・ミゲル農園
 
 
新入荷のグアテマラの紹介。
 
  
 
 
●生産国:グアテマラ 
 
●エリア:アンティグア 
 
●農園:サン・ミゲル農園
 
●プロセス:水洗   
 
●品種:アラビカ種ブルボン亜種
 
●標高:1,500m〜1,700m
 
●味:柑橘系の酸味と蜂蜜のような甘さ、後味の爽やかさが、まさに「上質なグアテマラ」という印象
 

エストゥワルドのお父さんは、初代のサルバドール・ファジャの孫でサン・セバスティアンの三代目の総支配人になったアルトゥーロ・ファジャです。
農業が大好きだった彼は、隣接する農地を購入しサン・ミゲル農園と名付け二つの農園経営を始めました。
現在では、息子のエストゥワルドが、サン・ミゲル農園を経営しています。
サン・ミゲル農園にもファジャ家の品質に対する伝統は息づいており、素晴らしいブルボンを市場に送り出してきましたが、残念ながら日本市場にはあまり紹介されていませんでした。
2011年、いつものようにサン・セバスティアン農園を訪ねた僕は、前から気になっていたサン・ミゲル農園のコーヒーをテイスティングさせて欲しいとエストゥワルドに依頼しました。
律儀な彼は、僕が言い出すまで自分のコーヒーを試してくれとは言わなかったのです。
グアテマラ市内の彼の事務所にある品質管理室でテイスティングしましたが、さすがファジャ家のコーヒー、本当においしいブルボンでした。

その中でも今回エストゥワルドと一緒に特別に選別したコーヒーを、日本のコーヒーラバーズにご紹介します。
 
 
Photo
 
 
Photo_2
 
 
 
 
 
 


スポンサーサイト
COMMENT