浜松市の姫街道にあるコーヒー豆屋(くらや珈琲店)店主の日常です。
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 2012/10/24 クラヤコーヒーの日常 | main | 2012/10/25 クラヤコーヒーの日常 >>
松本市→下諏訪へ
 
 
木曽駒ヶ岳のあとは、松本→下諏訪へ行きました。
 
  
 
松本城近くの「そば屋 五兵衛」へ。 
  
 
12時前でしたが次々とお客さんが来て帰るころにはいっぱいになっていました。
 
Photo_4
 
 
 
 
せいろそば。
 
味は薄めで、出汁がかなり効いた感じで、好きなタイプの汁です。
 
Photo_5
 
 
 
 
 
甘味喫茶 塩川へ。
  
アイスもあんこも手作りとのこと。
 
Photo_6  Photo_8
 
 
 
メニュー
 
Photo_7
 
 
 

 
 
松本から下諏訪へ〜 
 
 
諏訪大社の御神湯で1000年の歴史を持つという、下諏訪。
  
 
旅館街ではあちこちに温泉が出ています。
  
 
Photo_3
 
 
 
 
 
宿泊予定の「みなとや旅館」へ
 
 
岡本太郎、白州次郎、永六輔などが訪れていたという旅館。
 
 
温泉は部屋毎に貸し切り。
  
 
料理は馬刺メインに、信州の伝統食。
 
Photo
 
 
 
 
温泉
 
Photo_2
 
 
 
 
  
 
夕食。
 
馬刺。
 
匂いは無し。とても食べやすくパクパクいけます。
 
Photo_9
 
 
 
 
桜なべ(馬肉のすき焼き味噌味)
 
Photo_11
 
 
 
 
名前は聞いたことないのが多くあんまり覚えていません。
  
Photo_12  Photo_13
 
 
Photo_14  Photo_16
 
 
高野豆腐                   フナ
 
Photo_17  Photo_18
 
 
Photo_19  Photo_21
 
 
ザザムシ、イナゴ、蜂の子
 
ザザムシは世界スローフード遺産というものに登録されていて、とても貴重なものらしい。
 
Photo_22  Photo_23
 
 
Photo_24

 
 
  
 
 
近くの和菓子屋「不二家」へ
 
諏訪の伝統的な保存食、餅を凍らせて乾燥させた氷餅に砂糖がついている、初霜。
  
いわゆる素朴な味。
 
Photo_25
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
地域にあった食文化に触れることができ、食を見据えるいい刺激をもらえました[E:cafe]

 
 
 
 
 
 
  
 
スポンサーサイト
COMMENT